JRA中央競馬情報サイト「勝馬On line」

美浦村の取材日記

実戦タイプにご注意

掲載レース全頭の攻め馬解説が見られる『勝馬』の調教欄。そんな中で調教取材班が悩まされるのが"実戦タイプ”の馬です。実戦では好走しても、何らかの原因があって調教は動かない馬というのは、意外にも多いんです。
その代表格が、日曜中山9R出走のレレマーマ。以前からムラの多い馬でしたが、最近はやめる面が深刻化し、調教は決して良く見せません。それでも気分が乗れば、前走のように圧勝してしまうのだから困りもの。今回の追い切りでも集中力が続かない走りでしたが、果たして…?
日曜メインの京成杯に出走するサクステッドも実戦タイプ。追わせる面があり、調教では動かないようです。デビュー戦は評判馬が揃った一戦で、動きが目立たなかったこの馬は、完全に伏兵扱い。7番人気67.1倍で勝たれたのは、坂路担当の調教班としてショッキングでした。今回も、やはりじりっぽく、動きは地味。キャリアの浅い3歳戦なら、調教がオッズに及ぼす影響も少なくないはず。人気が落ちるようなら、逆に狙ってみるのもアリでは?

美浦村の取材日記TOP